臨床美術とは

臨床美術(クリニカルアート)とは

独自のアートプログラムに沿って創作活動を行うことにより脳が活性化し、認知症の症状が改善されることを目的として開発されました。
臨床美術士が一人ひとりの参加者にそった働きかけをすることで、その人の意欲と潜在能力を引き出していきます。
1996年に医者・美術家・ファミリーケア・アドバイザーがチームとなって実践研究をスタートさせました。医療・美術・福祉の壁を越えたアプローチが特徴で、アートセラピーの先進国にも例を見ない先駆的な取り組みと言えます。

認知症の症状改善を目標として始まりましたが、現在では、

  • 介護予防事業など認知症の予防
  • 発達が気になる子どもへのケア
  • 小学校の授業「総合的な学習の時間」
  • 社会人向けのメンタルヘルスケア

など多方面で取り入れられ、いきいきと人生を送りたいと願うすべての人への希望をもたらしています。

臨床美術の特徴

臨床美術は主に、

  • 認知症高齢者
  • MCI(いわゆる前認知症の人)
  • 心に問題を抱えた子ども
  • 発達が気になる子ども
  • ビジネスマン
  • 小学生
  • 幼稚園児
  • 保育園児

を対象に実施されています。

認知症ケアの臨床においては、

  1. 医師による診断
  2. 臨床美術士による認知リハビリテーションとしての芸術活動
  3. ファミリーケア・アドバイザーによる介護者への精神的支援

の3点を柱とする包括的ケアとして確立しています。

この、医療・美術・福祉の壁を越えたアプローチが臨床美術の特色であり、アートセラピーの先進国にも例を見ない、先駆的な取り組みといえます。

期待される主な効果

  1. 認知症を予防
  2. 認知症を改善・維持
  3. 家族間のコミュニケーションの活性化
  4. 表現し受容される事によって、意欲が増加します
  5. 描くこと、創ることが身近になること
  6. 発想力・集中力・コミュニケーション力の向上

臨床美術と脳の活性化

脳の活性化には、視覚的、直感的な作業や芸術活動が効果的だということも知られています。しかし、ただ絵を描けば脳が活性化するわけではありません。
偉大な美術家の中には「創作する際に普段とはちがうものの見方をする」と言う人がいます。これを脳科学を用いて理論付けたのがBetty Edwards(米)の研究です。
Betty Edwardsは、「ほとんどの人は左脳を使って絵を描いている」「右脳を使って描かせることにより才能とは関係なく、急速に絵が描ける」と説明しています。
臨床美術はこの理論を取り入れ、さらに五感を刺激し、感じる事によって美術表現が可能になることを実践しています。

臨床美術アートプログラム例「極楽鳥花を描く」

通常と違う視点をとり入れて、南国のイメージを広げながら色鮮やかな花を描きます。

感性を刺激する

「南国」からイメージする色の絵の具をローラーで広げます。
思い出などを喚起してイメージすること、色を選ぶことで感性が豊かに刺激されていきます。

異なる視点の提供

極楽鳥花をベージュ色の紙に載せ、背景の形(ネガ部分)を塗りつぶしていきます。
ネガの形に注目することによって、花の形が浮かび上がってきます。

仕上げ

感覚が鋭くなっているところで極楽鳥花をよく観察し、花の様子を描き加えます。
さらに感性が活性するとともに、満足度の高い作品に仕上がります。

臨床美術を検証する研究機関や実施場所につきましては、「実施実績一覧」をご覧ください。