認定試験のご案内

臨床美術士に認定されるには、規定の講座を受講した後、認定試験に合格する必要があります。
また、資格認定会員として日本臨床美術協会の会員になっていただくことが前提条件です。

認定申請資格および認定試験の内容

認定申請資格 認定試験の内容
5級
  • 指定校で開催する臨床美術士養成講座を修了し、3年を経過していない者。
  • 協会が認める大学機関等における臨床美術講座の単位修得日から3年を経過していない者。
書類審査
4級
  • 指定校で開催する臨床美術士養成講座を修了し、3年を経過していない者。
  • 協会が認める大学機関等における臨床美術講座の単位修得日から3年を経過していない者。

※4級認定試験申請にあたっては、資格認定会員であり、5級取得者であることが前提となります。

小論文審査
課題作品審査
3級
  • 指定校で開催する臨床美術士養成講座を修了し、3年を経過していない者。
  • 協会が認める大学機関等における臨床美術講座の単位修得日から3年を経過していない者。

※3級認定試験申請にあたっては、資格認定会員であり、4級取得者であることが前提となります。

臨床美術実践報告書審査
面接審査(グループ面談)
2級
  • 3級取得より2年間以上経過していること。
  • 臨床美術士としての実践経験があること。一定レベル以上の活動業績があること。

※2級認定試験申請にあたっては、資格認定会員であり、3級取得者であることが前提となります。

書類審査(活動業績リスト)
論文審査
作品審査
面接審査
1級
  • 2級取得より2年間以上経過していること。
  • 養成講座の専任講師経験または大学において臨床美術の講義経験が2年以上あること。
  • 協会理事3名以上からの推薦状の提出。

※1級認定試験申請にあたっては、資格認定会員であり、2級取得者であることが前提となります。

書類審査

認定の流れ

試験内容 実施日程 申請書類
5級 書類審査 指定講座修了後 講座開講後に指定校から配布
4級 課題作品審査
小論文審査
指定講座修了後 講座開講後に指定校から配布
3級 臨床美術実践報告書審査
面接審査(グループ)
年2回
(前期9月/後期2月)
協会事務局に直接請求または試験1カ月前から事務局窓口にて配布
2級 書類審査(活動業績リストと事例研究論文)
作品審査
面接
年1回(7月) 協会事務局に直接請求(試験1カ月前に発行)
1級 書類審査 年1回(1月) 協会事務局に直接請求(試験1カ月前に発行)

申請書類請求方法

5級・4級

指定校の講座開講後に指定校を通じて配布されます。

3級・2級

指定校の修了生で受験を希望する方は、封筒の表書きに「○級申請書類希望」と明記し、92円切手を貼付した返信用封筒を同封して当協会事務局にご請求ください。

資料請求/お問い合わせ

特定非営利活動法人 日本臨床美術協会 事務局
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル7F
TEL 03-5282-0226 (電話受付 平日 9:30-18:30)
FAX 03-5282-0231
Email association@arttherapy.gr.jp